会員規程

(目的)
第1条 この規程は、本会の定款第3章に基づき、会員に関する事項を定める (会員の種別)
第2条 本会の会員は、専門正会員、一般正会員、賛助会員、名誉会員の4種とする。

(入会の申込み)
第3条 本会に入会しようとする者は、次の入会申込手続きを要する
 (1) 専門正会員
   @専門正会員として入会しようとする者は、会長が定める専門正会員入会申込書に会員 倫理規程遵守
    の誓約書及び現代霊気法レベル4認定証写を事務局に提出し、会長に 申込まなければならない。
   A専門正会員として入会を申込んだ者は、理事会の入会承認後、入会金及び年会費を納入しなければな
    らない。
 (2) 一般正会員
    一般正会員として入会しようとする者は、会長が定める一般正会員入会申込書に会員倫理規程遵守の
    誓約書及び入会金及び年会費を添えて事務局に提出し、会長に申込まなければならない。
 (3) 賛助会員
    賛助会員として入会しようとする者は、会長が定める賛助会員入会申込書に会員倫理規程遵守の誓約
    書及び入会金及び年会費(一口以上)を添えて事務局に提出し、会長に申込まなければならない。

(入会審査の基準)
第4条 理事会は、入会の申し込みに対して、次の基準及び次項に定める基準に従い、その可否を審査して
    決定しなければならない。
 (1) 専門正会員
   @現代霊気法マスターとして認められる者。
   A本会の趣旨及び目的に賛同する個人で、会員倫理規程の遵守を誓約する者。
   B年齢、性別、国籍、職業の有無等は問わない。
 (2) 一般正会員
   @本会の趣旨及び目的に賛同する個人で、会員倫理規程の遵守を誓約する者。
   A年齢、性別、国籍、職業の有無等は問わない。
 (3) 賛助会員
   @本会の趣旨及び目的に賛同する個人または団体で、会員倫理規程の遵守を誓約する者。
  2 暴力団等の反社会的団体に所属する等、本会の会員としてふさわしくない者の入会は承認しない。

(入会審査の取消し)
第5条 入会承認後、次に該当する場合は、理事会の議決により当該会員の入会承認を取り消すことができる
    ものとする。
   @入会申込書及び入会時の提出資料の記載内容に故意による虚偽があると認められたとき
   A定款第11条に該当する場合
   B入会審査の基準に反することが明らかになった場合

(入会の通知)
第6条 入会の申し込みについて理事会がその可否を決定した後は、会長は入会を申込んだ者に対して、その
    結果を速やかに通知しなければならない。

(名誉会員)
第7条 理事会は、本会の趣旨及び目的に賛同する公益法人、学会、国内外の関連団体等又はその関係者のう
    ち、会員として迎えることが本会の発展に大きく寄与する者を、名誉会員として推薦することができ
    る。

(入会の時期)
第8条 専門正会員は、理事会の入会承認後、入会金及び年会費を納入し、会長が入会を通知したときをもっ
    て入会とする。
  2 一般正会員は、会長が入会を通知したときをもって入会とする。
  3 賛助会員は、会長が入会を通知したときをもって入会とする。
  4 名誉会員は、理事会の決議により名誉会員に推薦された者が、入会を承諾し、総会の承認を得、入会
    を承諾したときをもって入会とする。

(会員カードの交付、有効期限等)
第9条 会員には、入会時に有効期限を記載した会員カードを交付する。
  2 会員カードの有効期限は、4月1日から翌年3月末日までとする。

(会員の権利)
第10条 会員は、会員カードの有効期限内において、本会が会員に対して行う次のサービスを受けることが
    できる。
   @本会が運営する各種資格の認定
   A会報等の本会の刊行物の配布
   B本会主催のセミナー、講演会などの参加費の会員割引がある場合の会員割引
   C本会主催の交流会などのイベントにおける販売商品の会員割引
   D協賛企業のショップ、サロン及びスクールでの会員優遇制度
   Eその他本会が会員に対して行う各種サービス

(会員の義務)
第11条 会員は、総会が別に定める会員倫理規程を遵守しなければならない。
  2 会員は、登録内容を変更する場合は、速やかに会長が定める変更手続きを行うものとする。

(会員更新手続き)
第12条 会員は、毎年度初めに会長が定める会員更新手続きをしなければならない。
  2  会員更新手続きをしない間は、その会員の資格は停止し、本会が会員に対して行う諸サービスを受
    けることはできない。
  3 更新の可否については、第4条第2項を準用する。

(入会金及び会費)
第13条 入会金及び年会費は下記の通りとする。           (2006年6月改定)
       
 会員種別  入会時期 入会金  年会費 
 専門正会員  4月〜   2,000円 18,000円 
 中途入会の場合 2,000円 月額 1,500円 
一般正会員   4月〜  2,000円 12,000円 
 中途入会の場合 2,000円 月額  1,000円 
 家族会員  専門正会員の家族
(2親等以内の同居者)
 2,000円 3,600円 
 中途入会の場合  2,000円  月額  300円
 賛助会員 4月〜  10,000円 一口 20,000円 
一口以上

  2 名誉会員は、入会金及び会費の納入を要しない。

(会員資格の喪失)
第14条 会員は、次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
   @退会したとき
   A死亡、失踪宣告、成年後見の審判又は破産宣告を受けたとき、又は会員である団体が消滅したとき
   B除名されたとき

(退会)
第15条 会員は、退会届を会長に提出して、任意に退会することができる。
  2 会費を1年以上滞納したときは、退会したものとみなすことができる。

(除名)
第16条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事会の議決により、これを除名することができ
    る。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
   @本会の定款又は規則に違反したとき
   A本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき
   Bその他本会の会員としてふさわしくない行為をしたとき

(既納の入会金、会費等)
第17条 既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

(変更)
第18条 この規程の変更は、理事会の決議によるものとする。

(理事会への委任)
第19条 この規程を実施するための事項及びこの規程に定めのない事項は、理事会が定める。
附 則

(施行)
 この規程は、平成17年6月1日から施行する。