マスター紹介欄掲載基準

マスター紹介欄には、現代霊気ヒーリング協会内規及び特定非営利活動法人現代レイキの会の趣旨・目的に沿って、正しく現代霊気法を伝授しているマスターの中で掲載希望者を紹介します。
掲載マスターについて当会が全面的に推奨するものではありません。

 

【セミナー、テキストについて】

@ 現代霊気法としてセミナーを行う場合は、テキストや技法の内容を別のものと入れ替えたり、他のものを加えたり一切変更しないこと。
ただし、テキストや技法の内容を、受講者に正しく理解させるための解説書や、ガイドブック等の資料を作成することは構いません。

A エネルギーの伝達時に、現代霊気法以外の思想やシンボルを加えないこと。
現代霊気法以外の思想やシンボルを加えると、異なった意識波動が混入し、エネルギーの純粋性が失われます。とくに、今後のベースとなる初回のアチューンメントは重要です。

B シンボルを一般に公開したり、シンボルを学んでいないレベルの人に伝えないこと。
(セミナーで正しい認識・活用法とともに伝えること)

C 現代霊気法のアチューンメントを、他の方式のアチューンメントに変更したり、他のアチューンメントを 併用したりしないこと。
それぞれのアチューンメント方式には、その系統の思想や意識波動が集約されていますので、アチューンメントの方式を変更したり別の方式を併用すると、異るエネルギーが伝達されます。

D アチューンメント、霊授などの技法を、セミナー受講者以外に伝えないこと。
マスターのレベルに達していない人に、手順だけを伝えることは好ましくありません。伝えたい場合は、正規のセミナーにおいてマスターとしての役割や認識とともに、正しく伝授してください。

E 伝授は対面で行うこと(現代霊気法では通信・遠隔伝授を認めていません)。

F レベル1〜4迄は一貫したエネルギーの伝達が必須であり、他のサロン(スクール)で伝授された受講生には、既に習っているレベル以降から伝授するのではなく、必ずレベル1より改めて受講してもらうこと。

G レベル毎の表現方法は現代霊気テキストに表示されているように「レベル1(または初伝)」「レベル2(奥伝)」とすること。(「ファーストディグリー」「レイキ1」等の表現は使用しない)

H 現代レイキのテキストを、セミナー以外の目的で他に提供・販売しないこと。また、自身のウエブサイト等で部分的であっても公開しないこと。


【自身のウエブサイト等での広報について】

I 現代霊気法の系統を正しく表示すること(土居先生から本人までの伝達経路を、省略したり付加したりせず、誤りなく表示すること)。

J 「現代霊気法は臼井霊気療法とは別の系統のもの」と錯覚させる恐れのあるような表現をしないこと。

K マスター紹介欄からリンクされるサイトには、「現代霊気」、「現代レイキ」等のキーワードがはっきり謳われているページを含んでいること。ただし、探し回らないと見つけられないページは不可。

L 現代レイキの会へのリンクを行うこと。

M 「現代レイキ」以外の「レイキ」も伝授されている方は、「現代レイキ」とそれ以外のレイキ
  (「○○レイキ」)について、「カリキュラム」「それぞれのレイキの違い」を明確に記載すること。

N セミナーの案内に「レイキアチューンメントします」等の表現は用いない。
  現代霊気は、臼井先生の創始の理念や、自己浄化と自己向上の技法の他に、自己成長の学びを伝える事を重点としたセミナー内容となっており、アチューンメントをすることのみがセミナーの目的ではないため、この表現は不適切です。


【違反があった場合】
O 以上の基準に適合しない場合は、掲載規程第11条により、マスター紹介欄から削除します。


【特例事項】
自身のウエブサイト開設の有無に関わらず、連絡先が明確であれば掲載することもできますのでご相談ください。

 

 (2013/6/8改定)