2006年度活動履歴


■2007年3月3日(土) AM 専門正会員対象の研鑽会           会場:東京 目黒さつき会館
           PM NPO現代レイキ交流会関東

<専門正会員対象の研鑚会>
今年度最後の研鑚会は、霊授、アチューンメントを含めた技法全般から、疑問点、不明点などを取り上げてみました。
まず、基本中の基本とも言える技法を行う目的についての確認から入り、日頃実践する中での疑問点などについて、活発な意見が交わされました。その後、2人あるいは3人一組となって実習を行いました。

<交流会>
恒例の交流会ですが、桃の節句・ひな祭りのため参加できないという連絡を下さった方もあり、また開始時間間際まで空席が目立ったため、今回は参加者が少ないのではと思いましたが、子ども5名を含め、総勢70名での交流会となりました。
出席者の一言では、お子さんも元気に発言し、大人の参加者から喝采を浴びていました。交流会に子どもが加わるととてもよい雰囲気となりますので、今後もどんどん参加してくださるとよいなと思います。   

          

■2007年2月4日(日) 新年霊授会関東                会場:東京 主婦会館プラザエフ

関東では3回目となった新年霊授会。参加者も少しずつ変わり、今年は初参加のマスターが目立ちました。
霊授は交流会の時などいつでも受けられるので霊授会に参加する必要はないと解釈する人もいますが、新年霊授会は単に霊授を受ける会ではなく、マスターが一同に会し、高い波動の場の中でレイキの原点を改めてみつめ直し、認識を新たにするよい機会でもあります。土居先生からは、それに相応しい内容のお話をしていただき、充実した会となりました。
懇親会では自由交流や情報交換が活発に行われ、また宴たけなわの頃にお楽しみ抽選会やレイキ回しを行うなど、大変楽しい会となりました。
            

          
 
■2007年1月28〜29日(日〜月) 新年霊授会関西                 会場:和歌山 白浜

これまで関東で開催されていた新年霊授会を、2007年より関西地区においても開催することとなりました。関西地区第1回目は景勝地白浜で、霊授会・新年懇親会に観光も併せて開催しました。
1日目は、三段壁、千畳敷、白良浜、円月島、歓喜神社などの観光をし、ゆったりと温泉に使った後で懇親会。
2日目の午前中、霊授会が行われました。参加人数は20名ほどの少数でしたが、四国、関東などからの参加もあり、アットホームで涙あり笑いありの大変楽しい会でした。

          

■2006年11月23日(木・祝)AM 専門正会員対象の研鑽会         会場:東京 目黒さつき会館
              PM NPO現代レイキ交流会関東


<専門正会員対象の研鑚会>
前回に引き続き、「ヒーリング」をテーマに研鑚会を行いました。今回のサブテーマは、血液交換法。
まず、2人1組になって基本実習を行い、ヒーラー、ヒーリー、それぞれの立場で感じたことなどを発表し合いました。その後、基本から発展させた方法へと進み、幾通りか行ってみました。この段階では、それぞれの立場で、さらにいろいろな気づきを得、その後の話し合いでは活発な感想や意見交換が行われました。

<交流会>
恒例の東京での交流会には、75名の参加者がありました。
レイキは初めてという参加者が多かったのですが、毎回、レイキの裾野が広がっていることを実感します。
特に今回の交流会は、まったりとしたよい波動の場で、いつも忙しく裏方をしているスタッフも、後半は全員輪の中に入っていっしょに楽しむことができました。写真を撮ることさえ忘れていました。
交流会後に、今回はほんわか波動が満ち満ちていましたねという感想をいただきました。
 このまったり、ほんわかムードが懇親会にも受け継がれ、非常に和やかな会となりました。2列に設定されていた宴席でしたが、最後にはひょうたん型?8の字(∞)?の一つの輪になってレイキ回しを楽しんで閉会となりました。

          

■2006年9月16日(土) NPO現代レイキ交流会関西                会場:京都 鞍馬山

関西で2回目の交流会を、関西という地の利を生かし、臼井甕男先生ゆかりの地である鞍馬山で開催しました。
天気予報では降水確率80%。朝から既に雨が降っていたため、「今日、鞍馬山での交流会はありますか」という問合せもあったそうですが、主催者側は誰一人として雨の心配はしていませんでした。鞍馬山に近づくにつれ空が明るくなり、鞍馬駅に着いたころはすっかり雨も上がっていました。雨の心配をしながらも関東・長野・金沢・名古屋など遠方からの参加者もあり、総勢40名ほどが参集しました。参加者の中には、京都駅で傘を買ったものの駅からバス停までの数メートルだけしか使わず、後は杖代わりにしていた方もありました。
鞍馬寺本殿前でエネルギー変化を楽しんだ後、大杉権現社前で「自己浄化ヒーリング」「瞑想」「霊授」「霊気回し」を行い、奥の院、貴船神社を回って帰途に着きました。
約20名の希望者は出町柳の居酒屋で懇親会を行い、お互いの交流を深め合いました。

         

■2006年9月2日(土)  AM 専門正会員対象の研鑽会           会場:東京 目黒さつき会館
            PM NPO現代レイキ交流会関東

<専門正会員対象の研鑚会>
会員アンケートで要望が多かった、「ヒーリング」をテーマに研鑚会を行いました。
飯綱での夏の特別交流会の報告の後、チャクラヒーリングを行い、ヒーラー、ヒーリー、それぞれの立場で感じたことなどを発表し合い、改めてレイキヒーリングの素晴らしさを実感しました。
その後、日頃のヒーリングにおける問題点などを出し合い、活発な意見交換が行われました。

<交流会>
 恒例の東京での交流会には、80名を超える参加者がありました。
特に今回は、レイキに触れるのが初めてという参加者が多かったようですが、純粋にレイキを楽しんでいる様子がとても新鮮でした。
 交流会での熱気はそのまま懇親会へと受け継がれ、懇親会の席でもレイキ回しを行う姿がありました。
            

          

■2006年8月4日〜6日(金〜日) 夏の特別交流会              会場:長野県飯綱オアシス

この夏の交流会は、『ヒーリング〜自然にかえろう』というテーマのもと、長野県飯綱高原の宮下富実夫さんのゲストハウス「飯綱オアシス」で開催しました。
[8月4日]
13時30分飯綱オアシスに集合し、さっそく 14時からファシリテーター、ポルトハウスの加藤さんの誘導のもと、初日のワークショップ「ヒーリング実習」がスタートしました。
日頃ヒーリングをしたり、受けたりという機会が少ない人、また、ヒーリングをする一方で受ける機会がほとんどないという人、いろいろな環境の人が集まり、たっぷりヒーリングを味わいました。このヒーリング実習では、土居先生がヒーリングを行う姿を見ることができました。
その後、17時30分ワークショップ「ヒーリングでの気づきT」が、マザーステラの星さんをファシリテーターとして行われました。ヒーリングを行って、あるいはヒーリングを受けて感じたこと、考えたことを各自が用紙に時間の流れに沿って記述していき、そのことを皆でシェアすることにより、新たな気づきをたくさん得ることができました。
夕食は、肉、乳製品、白砂糖を一切使用しないマクロビオティックのパーティー料理を、地元のワインを飲みながら味わいました。
[8月5日]
7時に飯綱オアシス玄関に集合し、近くの一の鳥居公園で朝のつどいを行いました。
「自己浄化ヒーリング」のあと、霊気まわしでお互い交流し、太陽観察などを行いました。
宮下リンダさん手作りのおいしいマフィンの朝食のあとは、昨夜に引き続きワークショッップ「ヒーリングでの気づきU」を行いました。
この日新たに参加される方もあることから、初めにチャクラヒーリングを行って、昨夜と同様用紙に各自記入し、お互いに意見交換を行いました。
短い時間でのヒーリング実習でしたが、わきあがってきた気づきは大きく、とても活発な意見交換が行われました。
いよいよ、13時からは、一般参加者を交えての交流会でした。
途中、宮下リンダさんの感動的なお話と、クリスタルボウルの演奏で、参加者はとても深い癒しを得られたようでした。

交流会後は、戸隠連峰と遠く北アルプスを眺めながらの懇親会でした。
素朴でおいしい飛龍頭や蕎麦を囲み、和やかに楽しむことができました。
[8月6日]
5日同様、朝のつどいを行いましたが、昨夜の懇親会のせいか、参加者はわずかでしたが、鳥のさえずりを聞きながら、朝日を浴びてとても気持ちよい瞑想を行うことができました。

9時30分から、最後のワークショップが、土居先生をファシリテーターとして行われました。新たなヒーリング技法を行い、とても効果的であることに参加者一同、驚きの声をあげていました。

ワークショップ終了後は皆で蕎麦を味わい、希望者は戸隠神社奥社へ参拝しました。いつになく静かな境内の杉並木が圧巻でした。





          

■2006年6月4日(日) AM:NPO現代レイキの会第1回通常総会開催      会場:東京 目黒さつき会館
           PM:NPO現代レイキ交流会関東

<第1回通常総会開催>
本総会での議案に関する報告説明、質疑、応答がなされ、全ての議案について決議されました。審議終了後は、名誉顧問である土居先生の大変有意義なお話を伺い、総会を終了しました。先生のお話は、午後から予定されている交流会のため、十分に時間が取れなかったのが残念でした。

<交流会>
午後1:30〜 恒例の交流会が開催されました。
今回は参加者が少ないように見えましたが、それでも77名の参加で、熱気溢れる中で行われました。回を重ねるにつれ新規参加者が増えてきて、確実にレイキの輪が広がっていることを感じました。
大人数でのレイキ回しでは、とても大きなエネルギーの流れを感じることができ、初めての参加者は、信じられないというような顔で自分の手をじっと見つめていました。最後は伝統式での霊気回しを楽しみました。
           

         

■2006年4月2日(日) NPO現代レイキ交流会関西        会場:大阪市立総合生涯学習センター

現代レイキの会主催による関西初の交流会を、大阪駅前の大阪市立総合生涯学習センターにて開催しました。お子さんを含めて約60名の参加者がありました。
とても穏やかな波動の場で、新しい試みとしてレイキ体験を行いました。マスターを含めた3人一組で、お互いに手を当て合いながら、質疑応答、情報の交換をする姿が見受けられました。
参加者からは、「改めてレイキの素晴らしさを実感した」等の感想が寄せられました。
次回は鞍馬山での交流会が予定されています。