2007年度活動履歴


■2008年3月1日 (土) 午前:レイキ体験会                 会場:東京 目黒さつき会館
           午後:NPO現代レイキ交流会関東

<レイキ体験会>
3回目となった今回の体験会は、まず最初にヒーラーを紹介し、その後ヒーリングを体験していただきました。ヒーラーと体験者の数がちょうど同じだったため、15分のヒーリングを2回(1回目と2回目のヒーラーを変えて)体験していただくことができました。その後の質疑応答の時間では、既にレイキを学んでいる体験者が多かったためか、より具体的な会話が交わされました。
<交流会>
3月は何かと多忙な時期。高校の卒業式などもあり、参加者も少ないのではと思いましたが、子供さんも含め総勢67名で行われました。
会主催の交流会として満3年を迎え、回を増すごとに良い波動の場となってきています。出席者のひと言でもありましたが、いわゆる「邪(よこしま)」さんが参加できなくなってきているようで、特に初めて参加される方にとっては安心して参加できる場となっています。
このような高い波動の場を共有し、皆で楽しんでいきたいと思います。

         

■2008年2月11日(月・祝) 新年霊授会関東             会場:東京 主婦会館プラザエフ

関西に続き、多くのマスターが参加しての新年霊授会関東が開催されました。
立春を過ぎ暦の上では春ですが、旧暦でいうと新年を迎えたばかり。
土居先生から臼井先生当時の霊授会を再現していただき、気持ちが引き締まる思いをしました。
その後スペインから帰国されたばかりの先生から、スペインでの体験を楽しく聞かせていただいたり、最後には貴重なお話で引き締めていただいたり、大変中身の濃い会でした。

第二部の懇親会は会場を移して行われましたが、会場に入ると夕陽と富士山のシルエットが目に飛び込んできて、皆釘付けになってしまいました。しばしの間、懇親会の開会も忘れたかのようでした。
懇親会では、自由交流や情報交換が活発に行われ、宴たけなわの頃には高橋さんのGokai Songのライブやお楽しみ抽選会で大いに盛り上がりました。
また、最後にリクエストにより全員でGokai Songを歌い、和やかに閉会しました。
来年もまた、このメンバーに加え、多くの方々が参加してくださることを期待しています。

          

■2008年1月26(土)〜27日(日) 新年霊授会関西     会場:滋賀(琵琶湖畔)ピアザ淡海&のぞみ荘

昨年に引き続き、2度目の新年霊授会関西が開催されました。
霊授会と宿泊での懇親会が基本セットとして用意されましたが、霊授会のみの参加も可能とあって、多くのマスターが参加されました。
霊授会そのものは、臼井先生当時の霊授会を土居先生に再現していただき、新年にふさわしい厳かな会となり、参加者一同思いを新たにしました。
霊授会ではもちろん、特に懇親会では参加者がマスターだけとあって、様々な話が交わされ通常のセミナーとは異なり発展系の復習会という内容になりました。
泊まりがけの行事は参加するにもスケジュールの調整などがあって大変ですが、参加するとそれなりに得るものが多いと改めて気づかされました。
           

          

■2007年11月24日(土) 午前:レイキ体験会               会場:東京 目黒さつき会館
             午後:NPO現代レイキ交流会関東

<レイキ体験会>
9月に引き続き一般の方を対象にしたレイキ体験会が開催されました。
今回はヒーラーの倍近い人数の参加者があったため、2グループに分かれてヒーリングと質疑応答などを交互に行いました。
短時間のヒーリングでしたがそれなりに満足していただけたようで、ヒーリングを受けた方も行った方も、それぞれの立場で心地良い時間を過ごすことができたようです。シェアリングでは、参加者から日頃の疑問点がするどく投げかけられ、今後の運営に関する新しい気付きが得られました。
和やかで楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいました。

<交流会>
3連休の谷間での開催ということもあってか、通常よりも少なめの参加者でしたが、レイキ回し等を行うにはちょうど良い人数だったようです。体験会でのほんわかとした場の雰囲気が引き継がれ、各技法では眠くなってしまった方も多かったようです。
参加者の一言では印象に残ることばがたくさんあり、そのことばを噛みしめている姿も見受けられました。
今回は、「Gokai Song」として五戒に曲を付けた高橋さん自らの生演奏が披露され、大きな喝采を浴びていました。
            

         

■2007年11月3日(土)午前:レイキ体験会           会場:静岡 西焼津セントラルホテル
            午後:NPO現代レイキ交流会東海 

東海地区初のレイキ体験会、交流会が開催されました。

<レイキ体験会>
4ヶ月の赤ちゃんを連れた体験者があり、お母さんと一緒にレイキヒーリングを受けました。終始気持ちよさそうにスヤスヤと眠る姿は、まさに天使のよう・・・。みんなの気持ちを、さらにほぐしてくれました。
体験者が少なかったため、ヒーラーとして参加した人たちも、お互いにヒーリングをし合いました。ヒーラー自身がヒーリングの心地よさを知っていることは、とても大事なことだと思います。

<交流会>
東海地区初の交流会でもあり、中心となって準備を進めた理事は、どのくらいの参加者があるのかと夜も眠れないほど心配だったようですが、用意した椅子も満席となり、楽しい交流会となりました。
午前の体験会に引き続いて4ヶ月の赤ちゃんともう1人お子さんが参加され、より一層よいエネルギーを醸し出しました。  


          

■2007年10月28日(日)〜29日(月・祝)箱根合宿研修会     会場:神奈川 ホテル箱根アカデミー

一般・専門正会員対象の合宿研修会が、箱根にて行われました。前日は台風で風雨が強かったのですが、28日は雲一つない快晴に恵まれた中で現地入りしました。
箱根湯本から箱根登山鉄道〜ケーブルカー〜ロープウェイを利用した参加者は、かなり余裕を持って出かけたつもりなのに各乗り場の長蛇の列に、集合時間に間に合うかと時間ばかり気になっていたとか。それでも、ロープウェイから眺めた富士の雄姿が、くっきりと脳裏に焼き付いたようです。

研修会は、『現代レイキにおける各技法の位置づけ』 
現代霊気法にはたくさんの技法があるため、日常生活で全部を実践するのはなかなか容易ではなく、技法の理解もさまざまだったのではないかと思います。技法やレイキについての最も基本的なことなどを再確認できたことで、各自がそれぞれに腑に落とすことができたようです。
この研修会に参加し、よい意味での衝撃を受けた方もありました。

研修会が終わってからの夕食(懇親会)では、賑やか且つ楽しい中での質問が続出し、さらに別の部屋に移って続きが行われました。
日〜月開催だったため少人数の参加でしたが、会員間のコミュニケーションはほどよく取れたようでした。


          

■2007年9月24日(月・祝)専門正会員対象の研鑚会            会場:東京 目黒さつき会館

これまでの研鑚会は、交流会前の午前中2時間半くらいの短時間で行っていましたが、今回は午前10時から午後5時まで、時間をかけてじっくりと行いました。ファシリテイターからの問いかけに対し、参加者がそれぞれに考えをまとめて話し合うという形で行いました。現代霊気法の導入及びレベル1の内容を、深く考える機会となったのではないでしょうか。

         

■2007年9月15日(土)NPO現代レイキ交流会関西                会場:京都 鞍馬山

臼井甕男先生ゆかりの地:鞍馬山での交流会でした。今回はグループ参加もあり、総勢68名での鞍馬山入りとなりました。鞍馬寺本殿前で、12時を境に変わるというエネルギー変化を楽しんだ後、木の根道を通り、大杉権現社に向かいました。ここで「自己浄化ヒーリング」「瞑想」「霊気回し」などを行い、奥の院、貴船神社を回って帰途に着きました。
最近の鞍馬山はずいぶん整備されましたが、石段が多くなったためか足腰への負担がかかり、これまでになく疲れたという方も多かったようです。
オーストラリア(GRNA)行きを目前に控えていた土居先生は、皆さんと一緒に行きたかったことと思いますが、体調保持のため山門で皆さんを見送り、参加者が下山してから交流を深めるために設けられた四条の居酒屋での懇親会に再び参加してくださいました。
            

         

■2007年9月2日(日) 午前:レイキ体験会                会場:東京 目黒さつき会館
           午後:NPO現代レイキ交流会関東

<レイキ体験会>
癒しフェアでレイキヒーリングを体験できなかった方のため、また体験を通してレイキを知っていただくために、新たに体験会を設けました。
ヒーラーが足りなくなるほどたくさんの参加者がありました。先ずレイキヒーリングを体験していただきましたが、椅子から転げ落ちそうになる方もありました。その後レイキに関する質疑応答などがありましたが、和やかな雰囲気、かつ大変楽しい時間でした。

<交流会>
前回5月の交流会は国際交流会ということもあり、いつもと違った雰囲気でしたが、今回は午前中の体験会の余波もあったためか、いつも以上にまったりとした雰囲気での交流会となりました。
参加者は、総勢82名。参加者の一言では、いつも裏方に専念しているスタッフも、ゆったりと腰を据えて聞き入っていました。


         

■2007年7月28日(土)〜29日(日)第4回癒しフェア出展           会場:東京ビッグサイト

NPO現代レイキの会としてヒーラー30名余りの体制で初めて出展しました。2日間の癒しフェアへの来場者数は30,532人と発表される中、155人の方にレイキヒーリングを体験していただきました。
体験された方からは、「このような喧噪の中なのに、別世界にいるみたいだった」、「とても良かったので、2日間来てしまいました」などの感想を寄せられました。
その他、ブース前を通る多くの来場者にレイキレイキヒーリングを実際に目で見てもらうことができたと思います。
           

         
 
■2007年7月7日(日) AM 専門正会員対象の研鑽会                会場:アピオ大阪
           PM NPO現代レイキ交流会関西

<専門正会員対象の研鑚会>
レベル1の技法の再確認のために、疑問や体験談等を参加者でシェアしました。

<NPO現代レイキ交流会関西>
今回は30名の参加でした。畳の大きい部屋を借りることができたので、普段の会場ではできない技法を取り入れて楽しみました。
            

         

■2007年5月26日(土)午前:NPO現代レイキの会第二回通常総会開催   会場:東京 目黒さつき会館
            午後:NPO現代レイキ交流会関東(国際交流会)

<第二回通常総会>
設立2年目である2006年度の事業報告、収支報告、3年目となる本年度の事業計画、収支計画等、本総会での議案に関する報告説明、質疑、応答がなされ、全ての議案について承認されました。
審議終了後は、名誉顧問である土居先生から、大変有意義なお話を伺いました。身近なものを例に挙げてのお話は、誰もが理解しやすい、納得のいく内容でした。もっと話を聞いていたいという思いを残し、午後の交流会に向けて総会を終了しました。

<交流会(日仏国際交流会)>
今回は、フランス語圏から14名(うち1名はフランス在住の日本人で、今回引率役の岡本昌美さん)のレイキ実践者を迎えての国際交流会ということもあり、次々と参加者が増え、会場が一杯となりました。最終的には、総勢136名での交流会でした。
定例の交流会とは趣を変え、光の祈りと瞑想から始まり、会長の歓迎挨拶、土居先生の(岡本さんの紹介を含めた)挨拶、そして岡本昌美さんからのフランス語圏のレイキの現状報告がありました。続いてフランス語圏の参加者からの一言ですが、「今日は、日本の人たちと少しでも多くヒーリング等の交流をしたい」旨の要望があったため、ごく簡単にしていただきました。
それに合わせ日本側も、通常行われる参加者の一言は人数、時間の関係で省略し、海外の参加者、NPO役員の簡単な自己紹介と参加者の中からマスターの方々を紹介しました。
その後、土居先生からの一斉霊授、日本人とフランス語圏の方たちとのエネルギー交換、肩甲骨のバランストレーニングと太陽のエネルギートレーニング、レイキ回し、スパイラルレイキなどを行いました。
最後に、数人ずつ組になって、ヒーリングを行い合いました。まさにその名の通り、国際交流会となりました。
            
<日仏懇親会>
通常の居酒屋での懇親会と異なり、今回は目黒雅叙園で(会場の都合上人数に制限を設けましたが)日仏合計47名で行いました。
目黒雅叙園は、昭和の竜宮城とも呼ばれた絢爛豪華な歴史ある建物で、雄々しい滝が流れ落ちる日本庭園や屋内装飾等の素晴らしさに目を見張り、カメラを向けるフランス語圏の人たちの姿が見られました。
交流会で既に打ち解けていましたので、懇親会はよりスムーズに進んでいきました。会話が進み、ある程度お腹も満たされた頃、準備しておいた折り紙をテーブルの上に置き、皆さんに自由に折っていただきました。
鶴、やっこさん、兜、飛行機、ふくら雀などなど、フランス語圏の人たちだけでなく、日本の人たちも忘れかけている様々な折り方を思い出そうとしているかのごとく、必死で取り組んでいる姿が見られました。ちょっとした思いつきで準備した折り紙ですが、日仏交流をさらに深めるための一助になったようです。



         

■2007年4月8日(日) AM 専門正会員対象の研鑽会       会場:大阪市立総合生涯学習センター
           PM NPO現代レイキ交流会関西

<専門正会員対象の研鑚会>
アチューンメントの見本、実習、質疑応答、霊授の見本、ポイントを説明しながらの実習、自己紹介を行いました。

<交流会>
関西での交流会は、ヒーリング実習・体験会を行うのにはちょうどいい人数で、こじんまりとしたとてもよい交流会でした。